腎臓病の専門医が顧問を務めるお店、特殊食品の店ネフロン
トップページ マイページへログイン 新商品 ランキング 医療・栄養相談室 スタッフ日記 初めての方ガイド Q&A ショッピングカート お問い合わせ 営業日
低カリウム レタス

お米(10)
パックごはん(17)
おにぎり
NEW!
でんぷん米(1)
おかゆ(1)
おもち(3)
おかず
めん類
ラスク(4)
パン(11)
パンのペースト(2)
ジャム(5)
パン粉(1)
小麦粉(1)
ホットケーキ
(1)



食物繊維・整腸食品





腎臓病 腎不全の特殊食品の店ネフロン>低たんぱく食品>たんぱく質制限情報ページ
■たんぱく質の制限

通常は標準体重1kgあたり0.8gに制限します。
               ↓
尿たんぱく排泄量とクレアチニン値によって決まります。


☆当社顧問医師でおられる椎貝先生が診察している患者様のほとんどが標準体重1kgあたり0.8gに設定されております。
これは、椎貝先生が何千人と診察し経過を観察し続けた結果、標準体重1kgあたり0.8g以下にした場合の栄養障害が多いことが分かったためです。
この過剰な低たんぱく質制限による栄養障害が腎機能へ直接影響する場合があります。

あまりに低いたんぱく質制限を行っている方は是非当店にご相談ください。

腎臓病 腎不全の特殊食品の店ネフロン
■なぜたんぱく質を制限するのか
私達が生きるためにはエネルギーが必要です。そのエネルギーは食物のたんぱく質・炭水化物・脂質の3つの栄養素を燃やして得ています。身体の中でこれらの栄養素を燃やすと、いずれからも二酸化炭素と水が発生しますが、たんぱく質だけはさらに尿素窒素などの毒素を発生します。
腎臓はこの毒素を尿と一緒に排泄するはたらきをしています。そこで毒素の大もととなるたんぱく質を減らすと、腎臓の仕事量が軽くなり、腎機能の低下を遅らせることができるのです。

 簡単に言うと、腎臓の機能が50%しかない場合でも腎臓は100%の仕事を要求しても一生懸命に働いてしまいます。そこで、50%の仕事量(たんぱく質量)に制限し腎臓に負担の掛からない食事に変えるのです。
たんぱく質は腎機能を悪くしないためと、毒素が蓄積しないようにする為に制限します。
腎臓病 腎不全の特殊食品の店ネフロン
■制限された枠内で、可能な限り良質なたんぱく質を摂ることが大切です。
 たんぱく質は卵、肉、魚、乳製品、豆類だけでなく、穀類や野菜、果物など砂糖類や油脂類以外はほとんどの食品に含まれています。同じたんぱく質でも質の良し悪しがあって、動物性たんぱく質は植物性に比べ、体たんぱく(筋肉や血液)をつくりやすいので「良質なたんぱく質」といわれています。
筋肉の現象や貧血を予防するためにはせいげんされたなかで、可能な限り質の良い動物性たんぱく質をとることが重要です。つまり医師から指示されたたんぱく量のうち、50〜60%を動物性たんぱく質から摂る事が望ましいのです。
腎臓病 腎不全の特殊食品の店ネフロン
■たんぱく摂取を減らすコツ
食べてはいけない食品はありません!

家族と同じ食生活の中でちょっとした工夫をしてみましょう。


1.治療用食品を上手に利用しましょう。
良質のたんぱく質を多くとるためには主食からとるたんぱく質を減らすことです。しかし、主食の量を減らすと、エネルギーが不足してしまいます。
そこで治療用特殊食品(低たんぱくご飯や麺類、パンなど)を利用するとエネルギー摂取を減らさないで、たんぱく質だけを減らすことができます。


2.少ないたんぱく質を多く見せる工夫をしましょう。
・肉、卵、とうふは野菜と一緒に料理すると量が多くなります。
                (例:肉の野菜巻き・野菜を多くした串焼き・卵とじ)
・魚は尾頭付きにすると大きく見えるだけでなく、豪華になります。
                (例:えびの姿焼き)
・混ぜご飯、カレーライス、ピラフなどは魚や肉を少なくしてもあまり見劣りしません。


3.3食のうち1食はおかずがなくても食べられるような献立を組み入れましょう。
                (例:パンとジュース・野菜炒飯とスープ・天ぷら(野菜)うどん)

4.材料は薄切りやみじん切りにするとかさが増え、ボリュームがアップします。

5.家族と同じ献立でプラス、マイナスを上手にすれば、家族と一緒に食べられ、長続きします。

             
(例:カレーやシチューは肉を除く
                   お寿司の盛り合わせは魚類を減らし、かっぱ巻やかんぴょう巻を多くする。 天ぷらは魚類を減らし野菜を多めに。)